WordPressは何でできているのかを理解しよう

WordPressは大きくわけて2つの構成でできている。それは、

  1. テンプレート(何を表示するか書いているPHPファイルや画像など)
  2. データベース(サイト名や文章、設定データなど)

この2つだ。もっというと、コアファイルなど他にも要素はあるが、ここでは解りづらくなるのでかなりかなりハショラせてもらい、テーマファイルとデータベースの2つとしてみた。1のテーマファイルは、デザイン面やPHPファイルファイルなのだが、カスタマイズの際に最も変更する部分なので、分けて表現。

そして2つめのデータベース。これはサイト名だったり、記事の情報や画像名だったり、WordPress内の様々な情報を保存している。

WordPressはこの2つをサーバー内で連動することで、ページを動的につくり出しユーザーのブラウザに表示している。

SPONSORLINK

\このサイトでつかってるのはこれ/

インパクトのあるアニメーション
WPテーマ「ハミングバード」

インパクトのあるアニメーションでブログを演出します。

新作!究極のモバイルファースト
WPテーマ「ストーク」

「新しいスマホビュー時代をつくろう」というのをコンセプトに、スマホでの見やすさ、操作しやすさにとことんこだわりました。

誰が使っても美しいデザイン
WPテーマ「アルバトロス」

シンプルかつ正統派のブログテーマです。

ABOUTこの記事をかいた人

香川県(うどん県)にてフリーランスWEBデザイナー/ディレクターとして活動。小規模なWEBサイト制作を得意とし、コンセプト設計からデザイン、コーディング、撮影にいたるまでのすべてをこなします。地方の良さを全国に広めていくお手伝いをしていきたいと思っています。